検索
  • HVC

まぶたの速度


みなさんこんにちは。

たなぴよです。

今日は写真表現において重要な要素である

シャッタースピードで遊んでみました。

しゃったーすぴーど?

そもそもカメラには「センサー」という、フィルムカメラでいうフィルムの役割をになうパーツがあります。

そのセンサーに外からの光をどうあてるかで、どのような写真になるかが決まるのです。

そして「シャッター」とは、そのセンサーにあてる光の量を調整するための幕の役割を果たします。

つまり「シャッタースピード」とは、幕が上がって再び下りるまでのスピードの事になるんですね~。

簡単にいうと、人間でいうところの「瞼」の役割になります。

シャッタースピードで写真はさらに面白くなる!

シャッタースピードを変更することで、写真はいろいろな変化を見せてくれます。

まずはこちら。

とある川をシャッタースピードを速くして撮影したものです。

水しぶきが粒粒になっているのがわかりますね。

水の流れの一瞬の動きを写しとめることが出来ました。

対してこちら

先程の写真とは違い、水の流れが連なって表現できました。

一瞬を写しとめるか、はたまた時の流れを表現するか・・・

一つの「川」という被写体だけでも、いろいろ遊ぶことが出来ますね。

皆さんもぜひ写真を撮るときは、シャッタースピードを意識して

遊びまくっちゃってくださいね(^^)

それではまた次回~~~

たなぴよ

ぴえーる


31回の閲覧

©️2015 videohouseHVC Inc.