検索
  • 由貴

"ブレない"人間になる


こんにちは^^

ゴールデンウィークが終わり、お仕事・学校初めの皆さんもたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

本調子を取り戻すまで、無理のないようにぼちぼち頑張りましょうね!

さて、これから5月になり運動会などの行事ごとが増え、ご家庭でもビデオカメラが活躍する時期となったのではないでしょうか?

一生に一度しかない大切なお子様の思い出の映像がブレブレの映像だと台無しですよね。。。

そこでプロのカメラマンが伝授する、映像撮影がうまくなっちゃう!?コツを私のブログではお伝えしていきたいと思います!

まずは、みなさんがすぐ実践でき、 しかも!! 目に見えて効果が出ちゃう以下の3つのルールをお伝えします!

①カメラは撮影中にむやみに動かさない! ②1カット10秒以上撮影するべし! ③たくさんカットを撮るべし! まずはこの3つを意識して撮影してみましょう!

①カメラは撮影中にむやみ動かさない! 撮影中は、カメラは手でしっかり持って固定して、極力動かさないようにしましょう。

よくない撮影方法の例として、いくつかご紹介をさせて頂きます。

●歩きながら撮影する ビデオカメラを手に持って撮影したまま、歩く人の姿をよく見かけます。

意図がないようであれば、この方法はあまりオススメしません。 ブレも大きくなり、編集で使えないことが多いです。 かならずカメラは手や三脚機材でしっかり固定してから、撮影するようにしましょう。

●パンをする パンとは、左から右、右から左、上から下へなど被写体に合わせてカメラを動かすことです。 これも同様にブレが出やすくなります。

どこからどこまで、どの速度でどう見せるか、とても繊細な組み立てが必要です。 ですので、慣れないうちはパンをしないようにしましょう。

●ズームをする ズームはとても便利な機能ですが、こちらもまたブレの大きな要因となります。 どうしても大きく撮りたい場合は、自分の足をつかって被写体の近くに寄りましょう。

②1カット10秒以上撮影するべし! 1カット10秒撮影しましょう。

お客様ご自身で撮影された映像を弊社にお持込されることがよくあるのですが、映像素材を見てみると撮影秒数が2~5秒しかないことがあります。 せっかく素敵な映像も2~5秒だと、ゆっくりと見ることができません。

まずは、必ず1カット10秒撮影するようにしてみましょう!

③たくさんカットを撮るべし! ①と②のルールを守って、とにかくたくさん撮影をしてみましょう!

下手でも、必要か迷っても、とにかく撮影してみましょう! 後で、映像を振り返る際に、映像の選別はいくらでもできます。 まずは積極的に撮影することから始めましょう!

①カメラは撮影中にむやみ動かさない! ②1カット10秒以上撮影するべし! ③たくさんカットを撮るべし!

まずはこの基本的な③つのルールを守って楽しく夢中になって撮影してみましょう! また、次回も引き続き撮影のコツについて、お話をさせて頂きますね^^

最後までお読み頂きありがとうございました!


43回の閲覧

©️2015 videohouseHVC Inc.