検索
  • HVC

光学?電子?ファインダーの違いとは


皆さん、こんにちは。

HVCの田中です。

今日はちょっとカメラの話を・・・

最近プロにもアマチュアにも、すっかりミラーレスが浸透してきましたね。

少し前まではミラーレス=プロの現場では役者不足

というレッテルを貼られていましたが、ソニーを始め、各社プロをターゲットにしたフルサイズミラーレス機を投入してきたことにより、そのレッテルは見事剥がされ、今ではプロの現場でも当たり前のように使用されています。

数年前までのミラーレスは、エントリーやアマチュア向けということもあり、ほとんどの機種が背面液晶のみで、ファインダーは付いていませんでした。

その為、ファインダーを覗くという行為自体あまり求められていなかったのです。

近年開発されたミラーレスカメラにはファインダーが標準搭載されています。

ターゲットの中にプロを含めるのであれば、ファインダーは必須、というわけですね。

さて、すでにご存知の方も多いとは思いますが

一眼レフとミラーレスの違いを簡単に説明しますと

カメラ本体の中にミラーがある→一眼レフ

カメラ本体の中にミラーがない→ミラーレス

すごく簡潔に説明しましたが、上記の考え方でひとまず問題ナッシングです。

では、本体の中にミラーが有ると無いとでは、ファインダーの見え方はどう変わってくるのでしょうか?

○一眼レフ(光学ファインダー)

ファインダーに映る映像は、電子情報ではなく、実際の画(実像)になります。

すごく端的に説明すると、実際に目で見ている光景がそのままファインダーに表示されます。

○ミラーレス(電子ファインダー)

ファインダーに映る映像は実像ではなくデジタル化された映像になります。

なので、リアルタイムの画ではなくシャッタースピードや絞りの影響を受けた画を見ることになります。

ではでは、上記を踏まえた上で

ファインダーに焦点を当てて

それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

○光学ファインダー

<メリット>

リアルタイムの画を見ながら撮影できるので、撮影のタイミングを測りやすい。実像とファインダー映像のタイムラグが無い。

<デメリット>

・スマートフォンや背面液晶を見ながらの撮影に慣れている人だと、明るさや色の変化を把握しづらい。

○電子ファインダー

<メリット>

・シャッタースピードや絞り、感度の影響がファインダーにも

反映されるので、変化を見ながら撮影することができる。

・マニュアルレンズのピント合わせが容易にできる。

・シャッターを切ってもファインダー内がブラックアウトしないので

被写体から一瞬も目を離さずに撮影ができる

<デメリット>

・実像とファインダーの映像にタイムラグが有る(機種により感じ方は異なる)

・光学ファインダーに慣れていると見え方に違和感がある

こうしてみると、電子ファインダーの方がメリットが多く

使いやすいように思えますが、実像とのタイムラグがある点に関しては

やはり許容できないシーンも多くありますので、一概に

「電子ファインダー最高!」

と言えないのも事実。

しかし、最新機種ではほとんどタイムラグを感じない電子ファインダーも登場しており

今後、ミラーレスの時代になっていくのは間違い無いでしょう。

今回は「ファインダー」に焦点を当てて記事を書いてみました。

普段は撮影した映像や写真に対して考えを巡らせますが

たまにはカメラの構造に着目するのも、また一興ですね。

では、今回はここまで。

また次回お会いしましょう。

田中


117回の閲覧

©️2015 videohouseHVC Inc.